時間も場所も思いのまま〜keiko's style〜

毎月の海外旅行とホテルライフを楽しみながら、主にラウンジレポ、ホテルレポをお届けしています。

嫌われるのは怖くない!人間関係をらくにする2:8の法則

皆さん、こんばんは!
keikoです。


遅い時間ですが連休中なので起きている方も
たくさんいるかな?ってことでこの時間です😊


今日は人間関係を楽にする2:8の法則について
お伝えしていきたいと思います!


人の悩みのほとんどは人間関係によるものですね
人が会社を辞める理由のほとんども
人間関係によるものとも言われています


でもこの法則を知れば、人に嫌われてしまったり
意見が合わないっていうことに悩まなくても済むし
ストレスをかなり減らすことができるようになります!


パレートの法則というのをご存知でしょうか?


パレートの法則とは1897年にイタリアの経済学者の
パレートさんが提唱した法則です


どんな法則かというと、全体の2割の要素が
全体の8割の数値を生み出している、という法則です


例えば
・売上の8割は、全体の2割のユーザーが占めている
・成績上位2割の社員が、売上の8割を担っている
・ホームページの2割のページに
全体の8割のアクセスが集中している
・8割の成果は、2割の労働力で生み出されている
こんな感じのことです😊


2:8をもう少し細かく分けた
2:6:2の法則というものがありますがこれが大事!


2-6-2の法則とは
人々が集団やグループを構成した場合
自然発生的に2対6対2の内訳になるという法則です


これを学校の成績で例えると
・優秀な人2割
・普通の人6割
・パッとしない人2割
の割合に大体分かれると言うことです


受験戦争を乗り越えて入学した学校は
はじめは大体同じぐらいの学力の人ばかりが集まって
いるはずですよね


でも卒業する頃には、先ほどのように
・優秀な人2割
・普通の人6割
・パッとしない人2割
に分かれていきます


会社でも同じことが言えて
・2割の人間が意欲的に働き
・6割の人間が普通に働き
・残りの2割の人間が怠ける
と言うことですね😊


そして、この法則の面白いところは
怠ける2割を排除すれば、残った人は意欲的に働く人か
普通に働く人になる


だから組織全体の生産性が上がるのではないかと
思うところですが...


怠け者2割を排除すると
これまで意欲的に働いていたり普通に働いていた
人の中から怠け者が出るという点!


このパレートの法則は自然界の法則でもあるので
人が変えようと思って変えらるものではありません


前置き長かったですが
これを人間関係に置き換えてみましょう!


あなたと意見の合わない人とか
あなたをよく思っていない人がいること


これは、この法則で考えたら当然ということです!


あなたの周りにいる人の
・2割の人はあなたのことをよく思っている
・2割の人はあなたのことをよく思っていない
・6割の人はどちらでもない


あなたをよく思わない人がいること
これは自然界の法則だから人が変えられない


だから、もう仕方のないことと諦める!
そう思ったらかなり楽になりませんか?


どれだけ好感度が高いと言われる人にも
必ずアンチな人がいる!
だから、私たちにもいて当然!


だから気にする必要はないんです😊



今日もご訪問頂きありがとうございます😊


keikoのLINE @新しくなりました!
ビジネス、セミナー情報などはこちらからどうぞ!
⬇️
https://lin.ee/9WIwE46


⭐️ノルウェージャンクルーズの様子アップしました⭐︎
🆕 https://youtu.be/1iUxRsgBtoU


⭐︎keiko's style in Dubai⭐︎
https://youtu.be/6h54QSdZRgs
https://youtu.be/x_1Gk4NQdL4


💫keiko's style in KUALA LUMPUR💫
https://youtu.be/5FaNj3y-X9M


🌟ブログランキングにも参加しております!
クリックして応援して頂けたら喜びます。(๑>◡<๑)
⬇️


人気ブログランキング


⭐️keikoのFacebookはこちらから!
⬇️
https://www.facebook.com/keiko.enokido.9

今日もハッピーライフを楽しみましょう♡